DSCN2233
midashi0
 
わくわく保育園井口明神は、0歳から就学前の幼児さんを対象とした、知育英語教育保育園です。子どもの好奇心や才能を引き出し、思考力を伸ばす知育教育を中心に、幼児英語のプロによる英語レッスンや、制作活動を通じて創造力を養う絵画レッスン、運動能力を高めるリトミックなど、遊びながら学べるプログラムが満載。幼児期に最適な内容を最適な分量与えることによって、無理のない幼児教育を行います。
 
 
midashi1
 
幼児教育において「地頭」という言葉があります。脳細胞は、0歳から3歳までの間に集中的に発達し、脳の配線工事が一通り出来上がると言われています。例えるなら、地頭は脳のスポンジ。脳が発達する幼少期に、脳の容量を大きくして、吸収力がいいスポンジを作れば、その後の学習で知識をぐんぐんと吸い込むことができます。地頭がよい子どもは、記憶力や論理力、空間認識力などの学習能力に優れ、集中力や持続力といった脳の体力を身につけています。
この地頭を作るために、子どもが自らの頭を使って考える力や、知的好奇心を伸ばすための教育を、知育教育といいます。小学校にはいるまでに、しっかり考えて、自分で解決する経験を積み、好奇心を刺激する遊びやおもちゃで学ぶ楽しさを体感していれば、学ぶことが好きになり、小学校や中学校の勉強にも意欲的に取り組むことができます。知的好奇心が芽生える幼い頃から、知育教育をはじめることが、子どもの可能性を広げ、未来を切り開くカギとなります。
chiiku
chiiku2
 
 
midashi2
 
英語というはじめて世界に触れることは、子ども達にとって貴重な体験です。わくわく保育園井口明神では、歌やカードを使って、遊びの中で英語を取り入れ、英語を聞き取る耳を培い、自然と英語を話せるように導いています。英語にはじめて触れた園児さんは、最初は先生やお友達が話している言葉がわからなくても、数日後には一生懸命英語の歌を練習したり、英単語を覚えるようになり、親御さんを驚かせています。
english
 
midashi3
 
子どもは絵を描く時、無心に手を動かして、頭の中にある自分の世界を紙の上に表現しています。この発想をカタチにするプロセスが、子どもの表現力を高め、創造力を培います。わくわく保育園井口明神では、宝の地図制作やクリスマス制作など、楽しい制作活動が盛り沢山!チャレンジ精神を刺激する良いきっかけとして、絵画コンクールにも参加しています。
kaiga
 
midashi4
 
子ども達は元気のかたまり!体を動かすことが大好きです。音楽を通して、身体的・感覚的・知的に成長をさせることをリトミックといいます。聴こえてきた音を自由に体で表現することで、音感やリズム感を養い、想像力や表現力を育みます。またボーネルンド社のスコジムキットやマットなど室内運動遊具を用いて、バランス感覚や運動能力を高めます。
music&taisou
 
midashi5
 
わくわく保育園井口明神には園庭がありませんが、すぐ裏手に大きな公園があり、お天気のよい日は毎日、外遊びをしています。広場を駆け回り、遊具でめいっぱい遊び、池のまわりを探索する。季節の移り変わりを感じ、太陽の光を浴びて、元気な体をつくります。
sotoasobi
 
midashi6
 
食べることは生きること。忙しいママに代わって、栄養士監修の献立作成を行い、安心、安全な手作りの給食を毎日提供します。出来たての温かい食事は、野菜や魚中心で、好き嫌いの多い子ども達も「美味しい!食べられるよ!」とモリモリ食べてくれています。    
kyusyoku
 
midashi7
 
わくわく保育園井口明神では、子ども主体の食育を実施しています。うどんやお餅、ケーキづくりなど、美味しくて楽しい食育は、子ども達に大好評。給食の先生の協力で、料理の下ごしらえをお手伝いをしたり、三角食べや栄養バランスについてのお話を聞く機会などを設けています。
 
syokuiku
 
 
midashi8
 
運動会やクリスマス会、遠足(動物園や写生大会)など、みんなで一緒に力を合わせて頑張る行事が満載!年間行事を通じて、子どもたちは実際の生活に活かされる協調性や社会性を培います。
gyouzi
 
 
midashi9
 
保育目標